難しい!韓国語初心者がぶつかる、韓国語の発音

韓国語学習

韓国語と日本語の発音の違い

韓国語を学び始めた初心者の皆さんにとって、まず始めにぶつかるのが、発音の壁かと思います。

 

韓国語は日本語と文法の語順は同じなので、日本人にとってかなり学びやすい言語なんですね。

英語など多くの言語は主語の後には動詞が来る…というように日本語とは違う語順なのでまずその文

法を覚えるのに一苦労です。

 

それと違って韓国語は語順を入れ替えたりせずにそのまま単語を置き換えていくような感覚なので

なりスムーズに勉強が進んでいくのではないでしょうか。

日本語と似た発音をする単語も、たくさんありますしね。

 

ただ、発音は別物です。

なぜなら、日本語では使わない発音があるからですね。

それに加えて、日本語には韓国語と同じ「音」があっても、

それをその「音」として区別していないからです。

わかりにくいので、後で詳しく説明しますね!

普段意識せずに使っている発音を、

聞いて区別することは相当な訓練をしない限り・・・いえ、

相当訓練しても、厳しいかもしれません。

 

日本語に無い発音とは

 

では、具体的に日本語にない発音とはどんなものなのか、

少し具体例を出してみますね。

 

まず、文法的に「激音」「濃音」と呼ばれるもの。

あとは、「어、오」 (オ、オ)、「우、으」(ウ、ウ) など、日本語で書いたら、

同じ発音になるものです。

 

「激音」「濃音」は、平たく言ってしまうと

  • 息を強く吐き出す発音
  • 息を喉の奥で止める(ような感覚の)発音

 

つまり、「か」という発音があったとして、

日本語では「か」だけなのが、

韓国語では

  • 普通の 「か」
  • 息を強く吐き出す 「か」
  • 息を喉の奥で止める 「か」

 

・・・お手上げですね(笑)

これは日本語で表現しようとしてもとても難しくて、

テキストによってはルビが「カ」一択になっているものも

あったりします。

 

それから、「어、오」 (オ、オ)、「우、으」(ウ、ウ) 

というのを先ほど例に出しましたが、

これは、韓国語では全く違う発音なのですが、

日本語で表現するとほぼ「オ」や「ウ」に聞こえてしまうものです。

発音するときは 어は、「ア」と「オ」の間のような「オ」、

오は、唇を突き出して発音する「オ」です。

ちょっと皆さんもやってみてもらうとわかると思いますが、

違いがありますよね。

ただこれを、聞いただけで瞬時に区別するには

相当意識して練習をしても、スムーズに聞き取れるまでにはかなり苦労します。

「우、으」(ウ、ウ)もそうで、 우は唇を突き出して「ウ」、

 으は口を横に引いて「ウ」です。

これも発音してみると違うのですが、日本人が聞くと、どっちも「ウ」なので、

これまた、会話のスピードの中で聞き取るにはかなり難しいですね。

 

読んでわかっても、聞いたら別物

 

韓国語を難しているもう1つの要素が

「読んでわかっても聞いたら別物」な現象、です。

テキストを使って、ハングルの読み方、発音の仕方、勉強しますよね。

書かれた単語もだいぶ読めるし、文章も読めるようになってきた!

の段階で、韓国語を聞くと・・・

「わからない・・・?」

という現象が起こります。

 

なぜかというと、韓国語、

発音をフランス語のリエゾンのようにつなげて発音するからです。

 

入院という単語の「입원」は「入=입」+「院=원」 なので、

特に漢字が頭に入っている私たち日本人は

「イプウォン」と考えてしまいがちなのですが、

これは「イボン」ですし、

「本屋へ」と言おうとすると、「本屋=서점 ソジョム」+~「へ=에 エ」

なのでソジョムエと言いたくなりますが、

これは「ソジョメ」となります。

なので、初めて聞くと、一体なんぞや?の世界になるのです。

 

私もテキストの勉強だけで、韓国留学に行ったのですが、

この発音のわからなさ具合に驚愕して、落ち込んだ覚えがあります。

自分なりにかなり勉強してから渡韓したのですが、

話す相手もいない机上の勉強では、ダメでしたね。

 

韓国語の勉強をするときは、

できる限り音声付きのテキストをおすすめするのはこういうわけです。

 

韓国人が驚く日本人の発音

 

上の例には挙げませんでしたが、

他にも、私たち日本人が区別していない発音があります。

それが、「ㅇ,ㄴ,ㅁ」です。

これはそれぞれ、イウン、ニウン、ミウンと呼ばれる文字ですが、

この発音、すべて日本語では「ん」になります。

 

ただ、日本語にはこの3つの発音が無いわけではないんです。

例えば、「りんご」「電力」「はんぺん」(1回目の「ん」)

この3つの単語の「ん」はすべて発音が違うんです。

 

良く意識してみてくださいね。

「りんご」の「ん」は唇が開いたまま、鼻にかかるような「ん」です。

「電力」の「ん」は、舌が上あごにつきます。

「はんぺん」の場合は、唇を閉じて発音する「ん」ですね。

 

これをすべて「ん」という字で表現することに

韓国の友人は驚いてました!

「まさか!」って言われたのは忘れられません。「全然違うのに!」って。

 

私も彼女から、「富士山」の「ん」はどの「ん」なの?

と聞かれた時は、私もちゃんと日本語を学問として

勉強してるわけじゃないので、

「うう・・・・ん」と答えに詰まってしまいました。

もちろん、正しい答えはあるのでしょうけど、

どの「ん」で言っても、一応通じますよね?

 

発音は練習が大事です

と、いうわけで、

韓国語の発音の話をしてきたわけですが、

日本語にない発音、日本語では区別しない発音、

これを意識しながら、練習することが

韓国語を上達させるには欠かせないことです。

 

ただ、BGMのように流して音声を聞くのではなく、

この発音はどの発音なのか、と意識して、自分でも

意識して発音してみながら聞くだけで、

かなり上達度は違ってくる思いますよ!

タイトルとURLをコピーしました