【初心者向けシリーズ】韓国語で最初に覚える単語とおすすめの参考書

韓国語を初めて学びたい?ハングルから始めよう!

「韓国語を学びたい!」そう思ってる皆さんの動機は何ですか?大好きなK-POPアイドルの歌詞がわかるようになりたい、お気に入りの俳優さんのインタビューや、ドラマのセリフを聞き取りたい。もしくは、韓国の文学作品を読んでみたい、そんな理由かもしれませんね。

韓国語に興味を持ち始めたけど、いったい何から始めればいい??と思っている韓国語初心者のために、韓国語の始め方について、まとめたいと思います。

韓国語は、今まで私たちが触れて来た英語などのアルファベットを使った言語と違い、ハングル文字という独特な文字を使っています。まずは、このハングル文字が読めない限り、韓国語を習得することはできません

一見記号のようなハングル文字ですが、実は構造はとってもシンプル。ハングル文字はローマ字と同じ「子音+母音」で表されているので、いったん理解してしまうととっても親しみやすい言語なんです。

まずは、この構造を理解するために「半切表」(カナダラ表)を覚えます。この「半切表」は、日本語で言う「あいうえお表」に当たるもの。「半切表」を見ながら、ハングルの発音を習得していきましょう。ローマ字と同じ要領で「子音+母音」で音が表されているのでこれさえ覚えてしまえば、すぐに読めるようになりますよ!

ハングルが読めるようになったら

一通りのハングル文字と音の仕組みを覚えたら、とにかく韓国語を発音してみましょう。

初めのうちは、まだハングル文字に慣れずに一文字一文字読むのに時間がかかるかもしれませんが、ハングル文字に慣れるためにもできる限り多くのハングル文字を見て、発音してみるのが一番の近道です。

韓国語には日本の50音にない発音もあります。音声を聞いたり、発音のコツを解説している参考書などを見ながら、マスターしていきましょう。

 

ハングル文字の仕組みがわかれば、現地でも看板やメニューが読めるようになりますし、それだけでもとても刺激的で楽しいですね。見慣れれば見慣れるほど、今まで記号のように見えて来たハングル文字が「文字」に見えてくる感覚を感じられると思います。

ここまでで、韓国語学習の下準備はできたと言えるでしょう。

 

初心者はまずこの単語からおぼえよう

さて、下準備ができたら、ここから積み上げを始めます。

何事もそうですが、基礎は大事です。ハングル文字に抵抗がなくなってきましたか?

ここから、韓国語の文章を理解していく為に、単語を暗記していきましょう。

「ハングル検定5級」レベルの単語をまずはマスター!

ただ、単語と言っても何から覚えればよいか、悩みますよね。

お薦めするのは、目安として「ハングル検定5級」の出題範囲になっている単語です。

約500単語ぐらいありますが、日常的によく使う単語が厳選されています。

例としては、数、月、曜日、人称(「私」「父」「母」「兄弟」等)、

指示語、接続語、時間の名詞(「昨日」「今日」「明日」等)、

体の部分、基本的な動詞、身近な動物、乗り物…等です。

みなさん、英語は習ってきたかと思いますが、

英語を始めたころに覚えた単語と似ていますよね?韓国語でも同じです。

身の回りのことを表現するのに使う単語から、まずは覚えていきましょう。

ちょっとした覚え方のコツ

単語を覚えましょう!とお話ししましたが、その単語がなかなか覚えられない、という悩みはいつの時代も共通ですよね。そこで、少しですが、単語の覚え方のコツをお伝えしたいと思います。

漢字がわかるという日本人アドバンテージを利用しよう!

韓国語はハングル表記の文字ですが、漢字から来ている単語も多くあります。

漢字は、日本語の場合、基本的には音読みと訓読みがあり、2種類以上の読み方をするものがほとんどですが、韓国語の場合は、例外もありますが、1つの漢字に1つの発音です。

なので例えば、

電話=전화と、電車=전차だと、「電」の部分は同じ発音になります。

そして、この中で出てくる「車」の発音は차なので、自動車を指す「車」はこのまま차という単語になります。

要するに、漢字から来ている単語の場合は、1つ覚えてしまえば、それを応用して、他の単語も覚えていけるのです。

日本人は漢字は得意ですから、このようにして漢字から覚えていくというのも1つのコツですよ。

基本のあいさつ文もマスターしよう

単語を覚えるのと同時に、簡単なあいさつ文も覚えていきましょう。

韓国語を学ぼうとしている方なら、現地に行ったことのある方、もしくは、これから行きたいと思ってる方もたくさんいらっしゃるかと思います。

現地で、韓国の方に少しでも自分の韓国語が通じたら嬉しいですよね。

勉強のモチベーションUPにもなると思います。

簡単なあいさつ文としてのおすすめも、「ハングル検定5級」の出題範囲として出ている30程の例文です。

例としては、「こんにちは」「さようなら」「いただきます」「わかりました」「すみません」等ですが、ここに、旅行で使える例文を追加して覚えておくと実践的で現地で楽しめると思います。

例えば、「いくらですか?」「他の色(サイズ)ありますか?」など、よく使う文章ならネットでも探すことができますし、自分が現地で何をするかを想定して、自分なりに文章をリスト化してみるのもいいかもしれないですね。

自分が伝えたいことは、あいさつ程度ではなくもう少し複雑なんだけど…という方は、ここから一歩先、文法を勉強しながら、自分で文章を組み立てていきましょう!

おすすめのテキスト  

今回は、韓国語を学び始める初心者の方向けに、なにから学び始めたらよいかをお話してきました。ここでは、学び始める段階でのおすすめテキストをいくつか紹介しますね。

 

『目からウロコの「ハングル練習帳」 3日で終わる文字ドリル (基礎から学ぶ語学シリーズ)』

 コリアン・フード・コラムニストの八田靖史さんが書かれているハングル文字を学ぶドリルです。

私の周りでも評判が良く、あっという間にハングル文字を覚えられると絶賛されている本です。

ただ、販売が中止になったのか簡単に手に入らなくなってしまいました。

八田さんが書かれた、2017年に出版されている似たような本であるこちらを紹介しておきます。

『hanaの韓国語単語〈入門・初級編〉ハン検4・5級レベル CD-ROM付き』        

韓国語学習ジャーナルを出してる出版社から出ている本です。

5級だけでなく4級レベルも入っていますが、この先のレベルもわかるので、

モチベーションアップにいいですね。CD-ROMで音声確認できるのも、ポイント高いです。

『キクタン韓国語入門編』

英語版でもありますが、キクタンの韓国語バージョンです。英単語で使ったことがある方は

なじみやすいのではないでしょうか。音声がついているので、耳から学べます。

初級編もありますのでシリーズで確認してみて下さい!

『新装版 できる韓国語 初級 単語集』

できる韓国語は、シリーズで参考書(文法)やワークブックもあるので、

シリーズでそろえていくのもおすすめです。CD-ROM付きです。

『ハン検公式ガイド 新装版合格トウミ 初級編』

ハングル検定協会が出している公式ガイドです。ハングル検定はここから基本出題されますので、受験を目指すなら、持っておいてもいいですね。

『1時間でハングルが読めるようになる本』

学校や会社に行く合間や寝る前に少しと読めてしまう本なのです。中は何と絵や写真だらけ、文字までも大きいです

そして、この本の写真や絵は韓国の物なので韓国語ではこう言うんだ!なんて読んでるうちに楽しくなります。しかし、ちゃんと注意点や発音の仕方も書いてあるので、しっかり学べる本なのです。

是非、読んでみてください。

まとめ

さて、ここまで韓国語を学ぼうとし始めた初心者の方のための学習方法をご紹介してきました。

何から始めたらよいか、何を覚えたらよいか、どう覚えたらよいかについてまとめてきましたが、ご参考になりましたでしょうか。

語学習得に近道はありません。韓国には「始めたら半分だ(시작이 반이다)」(始めるということはもう半分まで来たということと同じだ)ということわざがあります。

初めの一歩というのはそれくらい大きいものです。それぞれの目標を目指して、コツコツ頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました