パク・ソジュン出演ドラマ 2020年現在の最新活動状況は?

俳優パク・ソジュンの出演ドラマや2020年現在の最新活動状況は?

 

ここ数年の間に観たドラマの中で、特にお気に入りと思う作品には、いつもパク・ソジュンが出演しています。

 

韓国ドラマを代表する作品の1つである「冬のソナタ」が、日本で放送されたことがきっかけとなり、今までに多くの韓国ドラマが放送されました。

 

皆さんが特に気に入っている韓国ドラマは、どの作品ですか?

 

私自身、韓国ドラマが日本で放送され始めた頃から、本当に沢山の作品を観てきました。

 

今回の記事では、私が特に好んでいる韓国人俳優のパク・ソジュンについての情報を紹介したいと思います。

 

パク・ソジュンのプロフィールや出演映画やドラマ

今では、韓国ドラマだけでなく映画にも引っ張りだこのパク・ソジュン。

韓国を代表する俳優へと成長し、世界中のファンから人気を集めている彼のプロフィールから紹介します。

パク・ソジュン(Park Seo Jun)

本名:パク・ヨンギュ

  • 生年月日:19881216
  • 身長:185cm
  • 体重:69kg
  • 学歴:ソウル芸術大学演劇学科

子役時代から芸能界に入り、ドラマや映画で活躍している俳優や女優が、韓国には多くいると言われています。

 

例えば、日本語が堪能なことで知られているチャン・グンソクや、大ヒットした韓国ドラマには必ず出演しているパク・シネが挙げられます。

 

その一方で、今回紹介しているパク・ソジュンは、芸能界とは無縁の生活を、中学生まで送っていました。

 

彼は中学生の頃まで、野球選手になることを夢みていましたが、高校生の時に俳優になりたいと思い始めたそうです。

 

そのため、現在は趣味として野球を続けており、韓国芸能人が所属する野球チーム「プレーボーイズ」の一員として活躍しています。

 

大学は、ソウル芸術大学演劇学科に進学し、演劇を中心に講義を受けました。

 

パク・ソジュンは兵役(軍務)を大学在学中に終了

韓国の芸能界で注目される話題の1つに、俳優や男性アイドルの兵役が挙げられます。

 

人気絶頂の時に、兵役に行かざるを得ないアイドルなどが沢山います。

 

パク・ソジュンは、日本でも人気を得ている俳優なので、彼の兵役に関しては多くの人が情報を収集したと思います。

 

ファンにとっては嬉しいことであると思いますが、彼は大学在学中に軍務を終え、20105月に除隊しています。

 

一般の韓国の男子学生と同様、大学在学中に服務を終了していることは、ファンにとっても約2年間のお別れをする必要が無いため、嬉しいことであると思います。

 

パク・ソジュンの最近のドラマ活動状況(梨泰院クラス)

 

2020131日から2020321日まで、韓国で放送されていたドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」で主演を務めていたパク・ソジュン。

 

10ヶ月ぶりに主演を務めた作品ということで、韓国では、放送前から話題になっていたそうです。

 

前回、彼が主演を務めた「キム秘書がなぜそうか」と比較すると、役柄だけでなくドラマのストーリーも全く異なる世界観であったことから、多くの視聴者がドラマの開始日を楽しみにしていたと言われています。

 

韓国で人気を得たウェブ漫画が原作となっているこのドラマは、多くの外国人が住むソウルの梨泰院(イテウォン)にレストランを開いた熱血青年パク・セロンと、彼の仲間が、不公平な世の中に挑む姿を描いた作品です。

 

パク・ソジュンが主演を務めることで話題となったこのドラマですが、視聴者から高評価を得たのは、出演者の演技だけではありません。

 

ドラマを宣伝するポスターから、キャストのファッションまで、シンクロ率も高く評価されています。

 

最も話題となったのは、皆さんの記憶にも新しいと思う、パク・ソジュンの髪型です()上記に添付しているInstagramのページでも確認することができますが、このヘアスタイルは韓国で「栗スタイル」と呼ばれており、一時期ブームになったと言われています。

 

この髪型でも格好良く見えるのは、パク・ソジュンくらいかと思いますが…()

 

ドラマで10ヶ月ぶりに主演を務めた一方で、2019年末には、日本を含み世界中で大ヒットを記録した映画「パラサイト 半地下の家族」にカメオ出演していました。

 

私は未だこの映画を観ることができていませんが、色々と韓国の現状を考えさせられる作品に仕上がっていると評価されています。

 

過去の出演作品一覧(わたしのオススメ)

 パク・ソジュンと言えばこの作品!と個人的に感じる出演作品を中心に、紹介したいと思います。

 

2012年「ドリームハイ2」:シウ役 

 

出典:https://www.tbs.co.jp/hanryu-select/dreamhigh2/chart/

2012年に韓国で放送された「ドリームハイ2」で、本格的に演技活動を開始したパク・ソジュン。スキャンダルの多いプレイボーイな学生の役柄を演じていました。

 

現在の彼の活躍からは考えられませんが、決して主役を演じた訳ではありませんでした。

 

ネット上で、この作品の人物相関図を確認しましたが、右端に小さく若かりし頃のパク・ソジュンの写真が掲載されていました

 

 このドラマが放送される数年前に放送された「ドリームハイ」を観ましたが、当時人気を得ていたアイドルが総出演していたことから、ストーリーが面白い面白くない関係無く夢中になって観た覚えがあります。

そのため、パク・ソジュンが出演していた「ドリームハイ2」には、自分自身が興味を持っているアイドルが出演していなかったことから、この作品を観ませんでした()このドラマを観たことで、パク・ソジュンの魅力に気付いたファンの方には拍手を送りたいと思います。

2015年「彼女は綺麗だった」

 

チ・ソンジュン役 (パク・ソジュン)

パク・ソジュンの魅力を語る上で「彼女は綺麗だった」を忘れてはいけません。このドラマは、彼が初めて主演を務めた作品であるからです。

 

彼が演じたチ・ソンジュンという役柄は、韓国で最も勢いのある雑誌の編集部で副編集長を務める、超エリート男性でした。

 

パク・ソジュンはモデル出身であることから、顔が格好良いだけでなく、どれ程個性的な服装でも着こなすことができる彼には、本当にピッタリの役であったと思います。

 

 このドラマは、個人的に最も好きな韓国ドラマの1つに入りますが、その理由として、主演を務めたパク・ソジュン以外の出演者の演技に対しても感動したからであると思います。

 

キム・ヘジン役 (ファン・ジョンウム)

 この作品でヒロインのキム・ヘジン役を演じたのは、多種多様な役柄を完璧に演じる女優として有名なファン・ジョンウム。

 

主演を務めたパク・ソジュンと2度目の共演であったことから、2人の息はピッタリだったと言われています。

 

演技の道を長く歩んで来たファン・ジョンウムは、先輩として多くのアドバイスをパク・ソジュンにしたそうです。

 

2017年「サム・マイウェイ~恋の一発逆転!~」:コ・ドンマン役

出典:http://kandera.jp/sp/myway/

2017年に放送された韓国ドラマと言えばこれ!と多くの視聴者から高評価されているドラマ「サム・マイウェイ~恋の一発逆転!~」。

 

この作品で主演を務めたパク・ソジュンが演じたのは、高校時代、将来有望なテコンドー選手になること間違い無しと言われていたけれど、ある出来事がきっかけとなり、テコンドー選手になるという夢を諦め、現在はダニ駆除業の仕事をするコ・ドンマンという役でした。

 

若者であれば、誰もが共感することができるストーリーは、多くの視聴者の心を掴んだと思います。

 

私自身、この作品を実際に視聴しましたが、一度挫折した夢と再び向き合い始めたものの、現実は難しい

 

このような負の連鎖を経験したことがある人が多くいると思います。共感できる部分が多かったということから、高視聴率を獲得したと思います。

 

パク・ソジュンのファンの声

日本国内のファンの声 (URL参照):

 韓国を代表する俳優として、日本でも多くのファンから支持されているパク・ソジュン。

 

上記のURLを確認してみると、どれ程彼が日本のファンから愛されているのかが分かると思います

 

 1988年生まれの彼は、日本の年で、今年32歳の誕生日を迎えます。私自身も、当然彼のInstagramをフォローしていて、何気ない日常の写真や、ドラマのビハインドの投稿を確認しています。

 

どのようなファッションスタイルも格好良く着こなしてしまう彼の写真を見ていると、とても30代には見えません。

 

 日本人女性が求める理想の韓国人男性は、きっとどのような願い事も聞いてくれて、いつも優しく接してくれる、高身長のイケメン男性ではないでしょうか?

 

パク・ソジュンが演技を通して、そしてファンに対して見せる優しい笑顔に、多くのファンが心を鷲掴みにされたのだと思います。

 

海外のファンの声 (URL参照)

日本で韓国ドラマに興味を持つ人が増えたきっかけとなった作品「冬のソナタ」が放送されて以降、韓国で放送されたドラマは、当たり前の様に日本で放送されるようになりました。

 

日本や中国は、韓国と同じアジア圏なので、顔の系統が似ていたり、単語も発音が少々似ているものもあります。

 

けれども、上記のURLを参考にしてもらうと分かると思いますが、今では韓国人俳優は、アジア圏だけでなく、欧米諸国の人々にとっても魅力的と感じられるようになりました。

 

私は、大学生の時に韓国のソウルにある大学へ交換留学を経験しました。

 

留学する大学を決める時に驚いたことは、アジア圏からの留学生と同じ程、欧米諸国の大学からも留学生が韓国を訪れていることでした。

 

韓国の芸能に興味をもったことで、文法から発音まで全く異なる韓国語を勉強したいと思ったから留学したという学生が沢山いました。

 

 現在、韓国出身の俳優、女優そしてアイドルは、韓国の芸能界を活性化させているだけでなく、国の文化の1つとして発展を遂げるために努力していることが分かりました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回の記事では、韓国人俳優のパク・ソジュンのプロフィールから出演作品までを中心に紹介しました。

 

この記事を通して、彼の出演作品に興味を持って頂けると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました