イ・ヨンヒ ‘マンシン’ 主演キャスティング 致命的カリスマに期待

Dispatch=クミンジ記者]韓国の女優イ・ヨンヒが新しいドラマの主人公役を演じる。

SMエンターテイメントは3日、イ・ヨンヒが映画とドラマのクロスオーバープロジェクト「SF8」の新作、「マンシン」の主役として選ばれたと伝えた。

 

映画「マンシン」は的中率が高いAI占いサービスマンシンを神格化し、盲信する社会を見せる内容である。イ・ヨンヒはこの映画で主人公の「ソンホ」役を演じる。

 

ソンホは自身の直観だけを信じるカリスマ性があるキャラクターで、AI占いサービスマンシンの実体を暴こうとする人物として映画の緊迫感を高める。

 

関係者は「イ・ヨンヒは最近終映したドラマ’ザ・ゲーム:0時に向かって’でスペクトルの広い演技力を見せた」と語りながら「今回の作品で見せる新しい姿も期待してください」と伝えた。

 

「SF8」はMBC、韓国映画監督組合、SUフィルムが製作するプロジェクトで、技術の発展を通じて完璧な社会を夢見る人間たちの話を込めた。

 

このプロジェクトは今年の7月にディレクターズカットが先行公開される。8月にはMBCーTVで4週間にかけてオリジナルバージョンが放送される予定である。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました